ジャニーズグッズの公式と非公式の違いについて

ジャニーズグッズの公式と非公式の違いについて

買い取れるジャニーズグッズとは

ジャニーズグッズを専門に買い取る業者が増えています。ジャニーズファンは、日本だけでなく世界中に存在し、それぞれの業者が流通ルートを持っています。

 

グッズの価値がわかる鑑定士が査定することで、一般的なリサイクルショップに買い取ってもらうよりも高い査定額が期待できます。

 

ジャニーズグッズを売りたい場合は、自分のグッズが買い取りも対象グッズかどうか確認しましょう。

 

基本的に、ジャニーズ事務所が認めて販売されている公式グッズならなんでも買い取ってもらえます。

 

新品で未開封の商品や、初回限定商品、コンサート会場でしか手に入らないグッズなどは特に高く売れる可能性があります。

 

買い取り査定には外箱や付属品の状態も影響するので、丁寧に保管しておくことがおすすめです。

 

公式グッズと非公式グッズ

公式グッズは、CDやDVD、本や雑誌、コンサート会場内で売られているコンサートグッズなどがそれにあたります。

 

アイドルグッズ販売店で承認されている商品も公式グッズとされます。また、他業種とのコラボレーションによって生まれた商品も、ジャニーズ事務所が承認していれば公式のジャニーズグッズとみなされます。

 

それに対して買い取りできないグッズが非公式グッズです。非公式グッズとは、いわゆる偽物のことです。

 

コピー商品や模倣品、海賊版、個人で撮影した写真や自分で作成したうちわなどがこれに該当します。

 

ジャニーズ事務所が認めていないものは、すべて非公式グッズです。ライブ会場外によくある露天商などで売られているものは、このような商品がほとんどなので、購入するときには注意が必要です。

 

ファンなら正規の商品を

このように、ジャニーズグッズの買い取り依頼する場合は非公式グッズは売れません。

 

雑誌の切り抜きなどを加工したり、転用したりと、とてもよくできたコピー商品もありますが、偽物は偽物です。定価より格段に安い商品には気を付けましょう。

 

ですから、ジャニーズファンなら正規の公式グッズを購入しましょう。非公式グッズを購入しても、応援しているアイドルには利益はまったくありません。

 

公式グッズが売れないと、アイドルを退団に追い込む可能性も生まれてきます。不正な手段で作成された商品は、ファンとして購入してはいけません。

 

業者にグッズを買い取ってもらうとき、または将来ジャニーズグッズを手放すときには、公式のジャニーズグッズしか買い取ってもらえないことを覚えておきましょう。

 

現役ヲタさんが査定してくれるジャニーズグッズ専門のジャニヤード

ジャニヤードの画像

page top