Kis-My-Ftの担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

Kis-My-Ftの担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

Kis-My-Ftの画像

Kis-My-Ftの活動情報独自調査まとめ

 所属メンバー一覧

北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太

 Kis-My-Ftの活動略歴

2004年4月に結成[5]。グループ名は当時のメンバーのイニシャルから1文字ずつ取ってつけられた。当時メンバーには、NEWSとしてデビューしていた増田貴久が頭文字「M」の代役として参加していたことも。ローラースケートでのパフォーマンスが主であり、そのスタイルはKis-My-Ft2に受け継がれていく。

 Kis-My-Ftのオタ的分析

 歌唱力 【得点】5/5

Kis-My-Ftはジャニーズの中でも歌唱力のあるグループです。

その中でとても印象に残るのは藤ヶ谷くんの伸びのある歌声と北山くんのハリのある歌声です。

二人の声のハーモニーは聞いていてうっとりとしてしまいます。

ソロでの千賀くんの低く深い声もすっと心に入ってくる歌声もよくじっくりと聞いていたいです。

玉森くんの和ませる歌声で聴くととても楽しくなったり、穏やかになったり心落ち着く歌声もとても魅力です。

二階堂くんや横尾くん、宮田くんのそれぞれ独特な歌声が他4人との歌声と重なりより良いメロディとなりガツンと心に響いてきます。

 ダンス 【得点】4/5

Kis-My-Ftでダンスがうまいといえば千賀くんです。

千賀くんはジャニーズの中でも高い腕前でキレがありおっと見入ってしまう魅力があります。

北山くんもスポーツをやっていたということもあるのか、メリハリのあるダンスがとても力強さがあります。

二階堂くんの独特にアレンジしたダンスは彼の感性と自由奔放な心が見え、頑張っているのだなと微笑ましくなります。

藤ヶ谷くんのエロっぽい感じを出したダンスや横尾くんの安定したしっかりとしたダンス、宮田くんの普段とは違う顔が見えるダンスについ見てしまいます。

7人が揃って踊る姿は圧巻です。

 チームワーク 【得点】4/5

コンサートでのローラースケートでのパフォーマンス、滑りながらのダンス、しっかりと合う曲のハモリなど一人だけが出来てもダメなことを全員が協力しあい形にしています。

それはとてつもない努力が必要だと思います。

7人が手を取り合い一つのものに完成させる為の頑張りがみえました。

北山くんを中心にトークをし、ツッコミを藤ヶ谷くんそして天然の多いKis-My-Ftはほとんどがボケというツッコミをしてくれるのが藤ヶ谷くんしかいないという状態です。

ですが、これがまた彼らの魅力であり、うまく回せていけるのもチームワークの賜物です。

 演技力 【得点】3/5

Kis-My-Ftの演技力はジャニーズの中でいうとまだまだでドラマや舞台に出ている数も少なく未熟さがあります。

玉森くんは最初はとても大丈夫だろうか、と心配になったりもしましたが、いろんな役に挑戦していく内に少しずつではありますが役になりハマっていくような感じがしました。

北山くんは演技力は良いですが、役へのハマりが少し足りないように感じました。

少しずつドラマなどに出演して成長をしているのを見てこれからもっと活躍し伸びていく彼らを見ていきたいです。

Kis-My-Ftは演技でも期待のジャニーズアイドルだと思っています。

 キラキラ力 【得点】5/5

Kis-My-Ftとしてのキラキラ力はファンヘの笑顔ではないかと思います。

コンサートでダンスを踊っている時の顔、歌う時の表情が彼らのそしてジャニーズアイドルとしての力です。

ファンヘのささやかなファンサービス、手を振ってあげる、ピースをする、お祝いのうちわを持っているファンもいます。

少しでも気づいてあげて、何かしらのアクションを起こしたり、パフォーマンスやトークで話題に出してみたりとかしてくれているメンバーを見てとても嬉しくなります。

ファンはこれだけでKis-My-Ftのファンでよかったと実感できます。

Kis-My-Ftの総合評価

Kis-My-Ftはまだまだ成長途中なので歌も、ダンスも、演技もそしてファンへの心遣いも怠らずしていって欲しいです。

パフォーマンスもローラースケートという他のグループにない武器があります。

そこの技術も成長できるように努力をしてほしいし、新しいことにもどんどん挑戦して欲しいです。

グループとしてのキャラ、個人のキャラとしての確立や、それに対しての自身の対応も大事になってくるはずです。

彼らが良いところを全面的に出していく、その様子を応援してきたいです。

今後、期待大できるジャニーズアイドルグループです。

 卒業や担降りなどでKis-My-Ftのヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

page top